ダイエット 炭水化物

MENU

ダイエットに炭水化物はNG?

ダイエット中には、炭水化物はとらない方がいいと聞きますが、これは本当なのでしょうか?炭水化物抜きダイエットをした場合の口コミを調べてみました。

 

ダイエット中に炭水化物をとって、効果がみられたという方や、効果がなかったという方の口コミを参考に、炭水化物抜きダイエットは、本当に効果が期待できるのかを調べてみました。

 

炭水化物ダイエットを成功させるポイント

炭水化物をたくさんとると、脂肪が増加し、太る原因になります。この炭水化物を抜くことによって、ダイエットの効果が期待できます。脂肪が溜まりにくくなって、脂肪が燃焼されやすくなります。

 

炭水化物抜きダイエットを効果的にするポイントはあるのでしょうか?

 

ただ、適当に炭水化物を抜くだけのダイエットでは、リバウンドをしてしまい、効果がでないことが多いです。炭水化物抜きダイエットには12のポイントがあるのです。12のポイントをみてみましょう。

 

1. 炭水化物を完全に抜くのではなく、体重×1グラム以内の量を抜くようにしましょう。炭水化物を完全に抜いてしまうと、身体の栄養バランスが崩れて、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、低血糖、過呼吸といった病気になる可能性があります。

 

2. たんぱく質を体重×1グラム以上とりましょう。このたんぱく質の量をきちんととると、筋肉量が落ちるのを防げます。やせやすく、太りにくい身体になります。

 

3. 脂質も、体重×1グラム以上とるようにしましょう。脂質が足りないと、便秘になってしまいます。脂質をとると、便秘が解消されます。

 

4. 塩分の取りすぎに注意しましょう。塩分をたくさんとると、身体がむくみ、高血圧、動脈硬化、生活習慣病になってしまいます。塩分の取りすぎに注意しましょう。

 

5. 野菜から食べるようにしましょう。野菜から食べることによって、脂肪が蓄積されるのを抑えます。

 

6. 食事をするときには、1日に30回以上かむようにしましょう。よく噛むと、満腹感を感じますので、食べすぎを防止できます。良く噛んで食べるようにしましょう。

 

7. 間食をしましょう。空腹の時間が長引くと、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。空腹の時間をあまり作らないようにするため、間食をするようにしましょう。

 

8. 炭水化物抜きダイエット中には、カロリーを抑えすぎないようにしてください。カロリーが少なすぎると、リバウンドの可能性が高くなってしまいます。摂取カロリーが少なすぎると、健康にも害を及ぼすので、食事量を極端に減らさないようにしましょう。

 

9. かといって、カロリーをとりすぎるというのも駄目です。カロリーをとりすぎると、脂肪増加の原因となります。1日の摂取カロリーは、消費カロリーよりも少なくなるようにしましょう。

 

10. 炭水化物抜きダイエットで、成功したら、すぐに元の食事に戻さないようにしましょう。代謝が落ちて、リバウンドをする可能性があります。一気に元にもどさずに、1週間から2週間かけて戻しましょう。

 

11. 筋トレを週に2回以上しましょう。筋トレをすると、基礎代謝量がアップして、1日の消費カロリーもあがります。

 

12. 完璧主義にならないようにしましょう。ストレスがたまってしまうので、適度にしましょう。

 

そこで、すっきりレッドスムージーがダイエットにおすすめです。